日々これ実感。 痛いときは痛い。辛いときは辛い。楽しいときは楽しい。 ・・・そんな僕の毎日感じたことを書き留めておきたいと思います。 まあ、なからなから(方言)ですが・・・。
http://shubidwuba.blog16.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
凄い奴はいる。
2012-04-21 Sat 23:51
 さっきNHK [Songs]という番組を見た。
一青窈・・・凄すぎる。

 
 半端ない人生を生きてきて、決してconservativeでなく、innovativeに。
良いぞ、彼女のように。


 やってやる。
僕は、まだギターを持っている。


 空間を切り裂くフレーズを創り出そう。
誰にも真似のできないソウルフルなフレーズを。

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
レコ発
2012-04-10 Tue 23:27
 当然、僕らシュビサクの話ではない。
先月上京した娘が、4月22日(日)渋谷gee-ge というライブハウスで初ワンマンライブを行う。

 その場所は渋谷東急ハンズの対面。
その地に運命を感じずにはおられなかった。


 あの日、19歳の僕は、その場所から2分ほど離れた「Happy Box」という小さなパブのオーディションを受け、合格した。

 「面白いんじゃない」そのオーナーの松浦さん(多分)は、言ってくれた。
僕は初めて受け入れられた。

 今は何の違和感もなく住んでいる長野という場所は、当時離れたくして仕方なかった場所だった。
「ここを離れれば運命は変えられるかもしれない・・・」

 そうして辿り着いた渋谷の「ライブハウス Happy Box」
僕は、唄った。

 「夜の風」という唄。
初めて東京で作った唄。 初めて人に認められた唄。


 3月28日(水)、休日なのに午後1時まで仕事をして高速バスで辿り着いた渋谷道玄坂を早歩きで翔けながら、僕は「夜の風」を口ずさんでいた。

 「夜の風を身に受けて、君はひとり街を行く せめて君ひとりだけでも夢をかなえて」


 僕は、今も信じている。
「叶えられない夢などない」と。

 娘の挑戦は始まったばかり。
そして僕の挑戦も、まだ終わってはいない。


 
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:2 
| シュビドゥバDiary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。