日々これ実感。 痛いときは痛い。辛いときは辛い。楽しいときは楽しい。 ・・・そんな僕の毎日感じたことを書き留めておきたいと思います。 まあ、なからなから(方言)ですが・・・。
http://shubidwuba.blog16.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
憎らしい奴
2011-09-24 Sat 00:40
110923_181514.jpg

 マサ、ミキ結婚おめでとう。
こんなにたくさんの人から祝福される二人は、なかなかいない。

 ミキさんの言うとおり、マサにはバンドをやって欲しいと思う。
奴にはバンドが似合う。

 二次会を辞する時、マサが言った。
「同じアコギ弾きだからさ」

 冗談よせよ。

 僕のアコギには血が滲みこんでるんだぜ。
お前のエレキと一緒だよ。

 俺には俺の、お前にはお前の進むべき道がある。

 「マサをロックスターにしてみせます」
そんなミキさんをパートナーに持てる君は、最高の幸せものだ。

 絶対幸せになるんだぜ。
ミキさんのためにも。

 僕は明日も朝が早いから、ゴメン。
二次会終了後、僕は会社に寄り仕事に必要なものを積んで帰宅。

 110923_223221.jpg

 まだ僕は、何も諦めていないから。
スポンサーサイト
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
シュビサクショー終わったぜ!!
2011-09-21 Wed 21:21
 9.18 シュビサクショー 本当に楽しい一夜だった。

 いつものように、仕事が終えてから参加の僕は、トップバッターのウツミ君から、ひまわりの種さん、一人神風高山君の唄は聴けなかった。

 聞けたのはブルテリアンズのフロンマン クレイジー・ジョーから。(いのきち君、これで合ってる?)
バンドで鍛えてるだけあって、ジョーのギターはソリッドで上手かった。

 いつものように蹴散らすように歌う。
飢えた野犬のように。
それがジョーだから。

 度肝を抜かれたのは、飯田のアイドル(?)矢野君率いるトルネードネコ。
しなやかで深みのある音。

 矢野君そのものが浮き出てくる。
卑怯だな、矢野君。 

 そして良いメンバーに恵まれたな。
絶対注目だぜ。

 そしてフラワー・ニーズ・ザ・レイン。
いつもの印象とは全く違っていた。

 リズム隊がしっかりしていて、その上に女性ボーカルが乗っかっていた。
安心して聞いていられた。
吹っ切れたかな。

 そして、僕らシュビサク。

 これはね、後日また書きます。
どうもビデオを撮ってくれたようなので、それを聞いてからね。


 ライブ後打ち上げ。
楽しかったなあ。

 一人神風・高山君良かったみたいだな。
「パチンと弾けた」って。覚醒したみたいだ。

 ウツミ君なんか、大町市から来ていて次の日仕事なのに、最後まで残って啓二君の言葉に必死に耳を傾けていた。
泣けた。

 ひまわりの種さんも打ち上げ残ってくれた。
今度、見せてもらうぜ。


 僕が出会った気持ちの良い奴らが、伸びていく。
望むところだ。

 さて、明日はシュビサクのリハ。
次のステージに行くために、ビデオチェックもしなくっちゃです。
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:1 
バンド
2011-09-17 Sat 00:50
 25周年だと。
昨晩、バンド練習を終え帰宅後見ました「M.ステ」(録画ですけど)。

 僕は当時「M.ステ」に出たいなどとは思わなかったけれど、今20代だったら出たかったかも。
まあ今は、欲しいのは夢というより実感。
 
 バンド練習の録音を聞きながら、良くなった点と足りない点をチェックする。
そんなんだから、大したことないよ。
でも。

 完璧にはまだ距離を感じるけど、このバンドは確実に成長してきたと思う。

 9.18「シュビサク・ショー」は通過点。
だって、まだ足りないと思うから。

 9.18が終わってもバンドは終わらない。
それが実感できることが嬉しい。

 カミナリグモに挑戦状を叩き付けたいと思っている。
彼らはメジャーだけど。

 アコースティックの可能性を突き詰めたい。
アコースティックで、ロック。
ボブディランのように。
 
 だから、「刃は自分の喉下に」
絶対、掴んでみせる。

別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
1日違い、マジ??
2011-09-10 Sat 23:18
 本日10日(土)21時、さる企み(良い方だぜ)でドアーズに着けば、なんとそれは昨日とのこと。とほほ・・・
ドアーズの面々に「シュビサクショー」告知のチャンスだったな。ちほほ・・・

 そして本日、身近でビッグニュース。
これも良い方だよ。

 嬉しいじゃないの。
周りの人たちが幸せになっていくのは、素敵なことだよ。

 僕はといえば、これまた悪くないよ。
今は、バンドが楽しいもの。

 少しづつだけど、僕が欲しかった音が手に入りつつあるし。
また、明日も練習したいって思うもの。

 やるよ、僕も。
見ててね!!
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
相棒
2011-09-06 Tue 08:17
 互いを尊重できなければ、「相棒」とは呼べないだろう。

 バンドも、仕事も同じだ。
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
神様が存在するのなら
2011-09-04 Sun 23:38
 どうして神様は僕に試練ばかり与えるのだろう。

 理不尽なことばかり、僕に降ってくる。
切れそうになる自分。

 必死に抑える自分。

 仕事は疲れるよ。

 帰宅後、練習。
「練習は嘘をつかない。勿論正しい努力じゃなければならないが」

 ギターの音色がようやく綺麗な音を奏で始めた。
この澄み切った混じりけのない音が僕を救ってくれる。

 だから今はひたすら練習。
ここには嘘がないから。

 音楽が仕事の人は、また違うんだろうな。
頑張れ彼女。

 僕は、明日も仕事頑張るよ。
この暮らしを守るためだから。

 だから神様、
「どうか僕から音楽を取り上げないでください」
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
欲しいものがある限り
2011-09-03 Sat 22:19
110903_213033-1.jpg

 シュビサクの練習を録った音源を聞いた。
情けない位にテンポのキープが甘い。

 こんなんじゃ、人に聞かせらない。
そうして、メトロノームを鳴らしながらギターの反復練習を始めた。

 メトロノームを鳴らしながら、ギターを弾き唄う。
それを録っては聞き、また練習。

 与えられた時間はいつものように少ない。
が、その限られた時間にどれだけ集中できるか。

 納得できる音、納得できる唄。
やるべき事が多すぎる。


 そうして、ふとテレビをつけると BS Japan で松田優作の特番をやっていた。

 「俺の魂を撮れるか?」
そうカメラマンに言い放った彼を、僕はよくは知らない。

 今度、彼の映画に触れてみようと思う。
突き動かされるものがあるかもしれない。

 40歳で亡くなった彼、僕は遅れてやってきた。
いずれにせよ、僕の本当の戦いはこれからだ。

468039.jpg
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
| シュビドゥバDiary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。