日々これ実感。 痛いときは痛い。辛いときは辛い。楽しいときは楽しい。 ・・・そんな僕の毎日感じたことを書き留めておきたいと思います。 まあ、なからなから(方言)ですが・・・。
http://shubidwuba.blog16.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
気に触ること
2007-08-31 Fri 03:28
 最近、良いにつけ悪いにつけネットでの僕の知らない人からの書き込みが多い。

 悪い方では、○ちゃんねるで「シュビドゥバタケイ、うざい」にはまいった。
ていうか、なるほどそうだろうなあと思って共感してしまったりしている。

 客観的に見たらかなりうざい存在だろうなあ・・・

名前もうざいもんなあ・・・

 まあ、自分でもわかった上でこんなしょぼい名前にしてるんだけどね。

 だけど、悪口書かれてもそんなに響かないんだよな。
かなり思う壺なんで。

 しかし、人の物事のとらえ方は様々。
別にそんな意味じゃなかったのにね。

 でも、嫌われるのは本望じゃないんで、少し気をつけます。
あっ、でも無理に好きになってもらわなくて良いよ。

 僕も君のこと、無理には好きにならないし・・・

 

 
 
スポンサーサイト
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
新おもちゃ、ゲット!
2007-08-28 Tue 00:00
 200708272228000.jpg

タケイの御用達、塩尻RのI氏から購入。

 また新しい遊び道具が増えました。
これから一所懸命勉強に励みます。

 しかしこんなんでいいのかな?
いいに決まってんじゃん。

 仕事もきちんとやってますがな。
それにしても・・・、 お金がねえ~~~~~~~~~~~~~。

 CDできたら買ってください。
無料配布ができるほど余裕がないんだわ。
 お願いしやす!

 
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
釈然としないな・・・
2007-08-27 Mon 21:55
 もう会うこともないだろう。
別になんとも思っちゃいないし。

 ああ、つっかれた。今日は寝ます。 
OH! そういえば、明日はBBQだ。
おったのしみ・・・ 

 

別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
ロックバカ5周年記念!
2007-08-26 Sun 00:48
 いやあ、楽しかった。
この諏訪という田舎町でこれだけの素晴らしいミュージシャンが集まったことを誇りに思う。

 自分のイベントでもなく、自分が参加したわけでもないけど。
なんだか久々のドアーズだった気もするけど、僕はドアーズに行き始めた頃のような僕ではなく、自然とその中にいた。

 いろんな人が声をかけてくれた。
実はかなりうれしかった。

 「僕にも居場所があったんだなあ」
なにせ、協調性のないはぐれ者なんで・・・

 今頃奴らは飲んだくれているだろう。
実は車にタオルケットも持ち込んではいたけど、今夜は早めの帰路についた。

 以前はさびしくて仕方なかったけど、今は違う。
僕は僕の道を行くしかないんだから。

 誰も行かない道、誰も追わない道を・・・
それでも、必ず振り向かせてみせる。

 僕にはどんな冠も必要ない。
僕が欲しいのは、皆の本当の無邪気な笑顔だから・・・


別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
・・・
2007-08-25 Sat 08:12
 毎日がめまぐるしい。
20代前半のように、自分で時間を止めておくことはできなくなった。

 次々と難問が星屑みたいに降ってくる。
その星屑をあるときは受け止め、あるときは・・・

 ああ、僕のやっていることは多分全てが正しいんじゃない。
だから時々誰かを傷つけているに違いない。

 だから僕を嫌いな人は僕のとこから去って行っていいよ。
だけど僕は・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 
Neon Hall
2007-08-24 Fri 01:55
 長野市あるその名のライブハウスは、今まで僕が出入りしてきた場所とは少し違う・・・

 決して大きいとは言えないけれど、独特な雰囲気を持っている。
照明に対する気の配り方は半端じゃない。

 ロックのハコに慣れてきた僕だけど、あの温かみはなんだろう・・・
そんな場所で、自主イベントが決定しました。

 是非、Neon HallのHPをご覧ください。
少し先ですが、10.26(金)にやらせていただきます。

 シュビドゥバナイトVol.12 「出張シュビドゥバナイト at Neon Hall」 です。

 出演者もいい感じです。
皆様、是非お時間作っておいでくださいませ!!
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
2007-08-22 Wed 01:09
 8.19は濃い日だった。
この日を忘れないために・・・

 仕事を終えたあと、僕は中途半端な心を抱えて、松本の夜の街を車で走り始めた。

 突然思い出した。
僕は今日あったはずの平安D「Mコンテスト」の結果が知りたかった。

 昨年は僕のイベントにも度々出てくれている、今はFM・NのラジケーションSのパーソナリティMちゃんがグランプリを獲ったっけ。

 東信のアンテナA●君、知っているだろうと思い電話をするも出ず。
同じく東信に住む男性アイドルI君に電話をしたところ・・・

 結果は超びっくり。I君の相方がグランプリとの事。
おめでとう!

 実は諏訪での僕の友達J君も決勝戦に残っていた。
でも結果は前述通り。

 でもちょっと前に松本のとあるライブハウスで彼ら二人に、「このユニットなら今年の平安Dはいけるんじゃない」と話したばかりだったのに。




 その後腹が空いた僕は、S市のS屋に入った。
そこには3人のギャル軍団がいた。

 彼女達の会話に目が点に、下半身が硬直・・・
とにかく大きな声でエロ話。

 マジかよ?
いい世の中だな。

 もまれても気持ちがよくないんだと。
それはあなた方が選んだ相手が悪かったんだよとお話したかった。

 がそれは当然できず・・・

 そうこうするうちにA君よりTELあり。
聞けば彼は平安Dの結果はしらないとの事。

 そんなことより、ギャル軍団の話を独身の彼に聞かせてやりたかったな。

 その夜、帰宅してもなかなか寝付けず。
そりょあそうだよ。

 あんな近くでギャルのエロ話聞かされた日にゃ・・・
今度、僕も混ぜてもらっていですか?

 そんな不健全な僕は、生きてていいですか?
だめでもしぶとく生きちゃいますけど。

 ああ、僕は非難される前に、もっと悪い男でもありました。
これまた反省・・・
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
ご心配おかけしました・・・
2007-08-21 Tue 00:56
 カメラマンF氏より今朝メールが入っていた。
「HP見ましたよ。どしちゃったんですかー?!」

 僕は今日、僕の身の振り方を決めようと思っていた。
F氏ととあるライブハウスで出会い、僕のライブの折は写真を撮ってくれていた。

 僕はあの頃、被写体としてどうだったんだろうか。
ちなみにあの頃のウェイトは63Kgを下らなかったはずだ。

 でも彼は僕に自信を取り戻すきっかけを与えてくれた。
それから数年が過ぎようとしている。

 先日のN市ネオンホール、久々に彼が来た。
別に誘ったわけでもなかったけど。

 僕のウェイトは56.5Kg。
16歳以降の最低になっていた。

 彼曰く「どうしたんですか? でも被写体としてはこちらの方が魅力的ではありますね」

 その夜、僕は自分を見つけるきっかけを掴んだ。
対バンのcoccasのM君やtoriqumoのK君が驚いていた。

 けれど、僕はまだ完全に振り切れないでいた・・・
そして今日、僕はスタッフに相対した。

 「すまない。でも僕はこうやりたい。だめなら・・・、いや誰が客観
的に見ても許されないなら、僕はこの仕事を止めるしかない」

 スタッフは言った。
「その方法なら問題ないですよ」

 僕ははばかりなく泣いた。
平日のすいた店内で良かった。店は昨日や一昨日の忙しさの中だったら・・・

 僕のこの生き方がはたして正しいのだろうか?
でも今、僕がこの大事なスタッフや家族を守るのにはこの方法しかない。

 スタッフに感謝しつつ、僕は夜の街をいつものc市のPに走らせた。
これから更に不自由になるだろう。

 でも構わない。
この与えらた不自由な環境のなかにこそ自由があるのだし、その限られた時間の中で自分をいかに完全燃焼させられるかだ。

 Pでのリハ。
「どうしたの?凄いね、吹っ切れたね」

 「そうなんですよ。ようやく吹っ切れました」
視界が開けた。希望が見えた。

 とことんやってやろうじゃないか。
大事な家族とスタッフを両手に抱えたままで・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
今日が終わった。
2007-08-20 Mon 01:20
 何気に楽しみにしていたが、結局重い一日になってしまった。
店長として、職場でなんとか立っていた。

 スタッフの女の子に目を白黒させられながら、僕も若い頃はあんなだったかな、と思いながら、それでも「まだあなたが全て正しい訳じゃない。でも今まで通りにあなたを信じていくから・・・」と必死に伝えながら、彼女は僕を・・・。

 正直、ショックだった。
僕は今まで必死で抑えてきた感情の蓋をとってしまった。

 「・・・・」
僕は自分でも思いもよらぬ一言を彼女に発してしまった。

思い出したくもない。
僕は彼女が帰宅させたあと、僕はその言葉に自分さえ突き刺して、その彼女を心配して何回となく電話をした。

 ・・・つながらない。
僕は泣きそうだった。

 ・・・結局、多分立場柄(?)電話をくれた彼女に僕の真意を話した。
わかってくれたかな?

 でも、これ以上僕はなにができるのだろう。
今まで、何回となくフォローをして、彼女はすばらしいと上司に伝えてきた。

 でも、また裏切られた。正直疲れ果てた。
僕の生き方は間違っているのかもしれない・・・。

 いや、最近いろいろあり、もうここらへんで僕の進む方向の結論を出さなければならない時にきている。
僕は一家の主であり、ただの一人の人間でもある。

 守らなければならないものがたくさんある。
ああ、何一つ、不必要なんてものはないのに・・・

 
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
OH!
2007-08-19 Sun 01:02
 朝、真田広之をTVで見た。
かっちょいい。

 なに、46歳?
僕の少し先輩じゃん。

 で、誕生日が10月12日。
僕は10月3日なんで、同じてんびん座。

 おいおい、悪くないぜ。
最近オチテばかりだったけど、そろそろ↑な感じ。

 夜、Pにて練習。
演奏も、ようやくまともになってきた。

 ・・・悪いことばかりじゃないな。
明日が楽しみだ!
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
荒ぶれた心
2007-08-18 Sat 01:13
 仕事が押して、21時30分P入り。
しかし、難しいな・・・

 僕には鬼門がある。
それは「僕という証明」

 この曲を一度として満足に唄えた例がない。
でもこの曲の可能性はずっと信じてきた。



 またマスターとの二人三脚のリハが始まった。
ワンコーラス録っては聞き、録っては聞き・・・

 「荒ぶれを表現したいんですよ」
「わかるよ。でも今のタケイ君は気持ちが荒ぶれてるだけだよ」

 その後何回となく唄っては聞き、唄っては聞き・・・
結局答は出なかった。

 ただ、なんとなくわかってもきた。
明日もPにてリハ。

 仕事がとんでもなく遅くならない限り、僕はPに行くつもりだ。
正直、心は荒れている。

 とてつもない現実と向き合いかなり凹んでいる。
だけど、なめてもらっちゃ困る。

 「必ず、認めさせてみせる」
今夜も荒ぶる心を抱えて飲んだくれて眠りにつくけれど、両手をあげたわけじゃない。

 「タケイ君、もう少しだよ」
僕はようやく認められ始めたばかりだから・・・


 
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
まだまだ甘い?
2007-08-16 Thu 22:09
 お盆と正月は誰もが休みの気がしていたが、大間違い。
昨日は銀行のATMに寄ったつもりが、営業中。

 その隣のY電機でDVDプレーヤーを購入したのだが、当然営業中。
その2店舗が面しているR20は、上諏訪方面に向かう車で渋滞中。

 しかしまだ14時だぜ。
おそるべし、諏訪湖の花火。

 いや、そうじゃない。
おそるべし、サービス業。

 僕の仕事は13~16日までお休み。
まだまだ甘いのかな?

 そうだよ、ドアーズだって昨晩は営業だっだもの。
ドアーズの帰りのコンビにも、貸しビデオ屋も、飲食店も・・・。

 皆さん、お疲れ様。
僕も明日から仕事です。

 そして家でしこしこ唄っていた僕は、明晩Pでリハの再開です。
それぞれの生き方、そしてそれぞれの想いと願い・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
唄本の恐怖・・・
2007-08-16 Thu 03:10
 しかし、Y君は何をやっても凄い。
彼はすーぱーすたーだ。

 A●君も流石だった。
僕は・・・

 「なんで唄えないのかなあ・・・」
 
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
人に会いたい・・・
2007-08-14 Tue 22:21
 相反する心・・・
「人に会うのが怖い」

 休みになると本当の性格が顔を出す。
そんな暗い自分が嫌いだから、日頃は大きな声で笑っている。

 そんな僕だから、唄うことで世間とのつながりをかろうじて持っている。
唄うことを否定されたら、どうなってしまうだろう。

 なんだか寂しいな。
ああ、人に会いたい・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
下降気味・・・
2007-08-13 Mon 21:14
 今日から盆休み。
たまには家で声出し。

 いいね、だけどこの頃なんだか全てにやる気なし。
走り続けてきたから、急にストップかけられたらこけちゃった。

 今、軌道修正をしている最中だからさ。
そのうち元気になるよ。

 ただ、唄とギターは以前に増して良いよ。
新曲書くつもり。

 そして、最近静か過ぎてつまらなかった自分の演奏にケリを入れるよ・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
aC MATUZAWA企画
2007-08-12 Sun 08:06
 バラエティに富んだ出演者達・・・
いろいろ考えさせられた。

 まあ結局考えてるのは、自分ならどうイクかなんだけど・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
試行錯誤
2007-08-10 Fri 01:09
 深夜、茅野市P。
僕は今夜もアンプラグドだった。

 「マスター、今日は3~4曲集中していきますから」
「はいよ」

 ここのところ僕は進むべき方向が全く見えず、かなり落ちていた。

 「マスター、このマイク使っていいですか?」
「いいよ」
僕は二本のマイクをセッティングした。

 このPは40畳ほどある。高さも3mはある。
この空間を活せないかなと思った。

 僕は唄い始めた。
彼は録音ボタンを押した。

 
 録音したものをふたりで聞いた。
悪くない。でもこれじゃ不十分だ・・
 
 僕は、2本あるマイクのビームスタンドを最高部まであげ、マイクを幾分か下に向けた。

 録音再開。
「じゃ、3曲いきます」

 修正しなければならない点がよくわかった。
そして、方向性が見えた・・・

 「マスター、この録音方法で録ってみますわ」
「いいね」

 エアーマイクで一発録り。
まあ、もう二本ダイレクトにマイクを突っ込むつもりではある。

 僕が選択したのはライブ感。
作り込むこともやってはみたいけれど、今の僕にはもっと必要なことがあるはずだ。

 ひとりで悩んでいても始まらなかった。
さて、行ってみようか・・・

 疲労がとれない今の自分に、そろそろ「さよなら」したいのよ。
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
父がこの家から完全に去った日・・・
2007-08-08 Wed 23:04
 今日、父の骨を納めた。
この古くて広い家がまた寂しくなった。

 この家に残ったのは父の遺影と膨大な書物。
そしてこの家に残ったのは僕と女三人。

 家族を幸せにするのも、壊すのも僕に責任があるのだろう。
そろそろ僕が、ちゃんとしなくっちゃ・・・
 
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:2 | トラックバック:0 
PM10時、Pにて・・・
2007-08-07 Tue 01:03
 4TrテープMTRを持ち込み、録音開始・・・
MTRがぶっ壊れた。

 いよいよ、新しいものを購入しなければなりそうだ。
お金ないのに・・・

 で、ひたすら練習・・・
疲れていて帰ろうかと思ったけど、ここまできたから。

 練習は辛くはなかった。
以外と楽しく自分の修正ポイントが見えて、むしろ良かった。

 前向きに、前向きに。
どんなことが起こったとしても・・・

 このギターがある限り僕は僕だから。
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
2007-08-06 Mon 00:05
 昨晩のブログでまた闇に迷い込んだ。
このままじゃ、やばい・・・

 そんなんで、今の仕事に就いた訳というか成り行きを思い出してみた。
僕は東京の大学に通いながら、ライブハウスなどに出演していた。

 僕は勢いで突っ走っていた。
アコギでロックっぽいことをやっていたので珍しがられた。

 ただ光は見えず、いつも闇の中にいる感じがした。
僕は、いつもひとりだった。

 人と話すのが本当にできなかった。
以前のブログにも書いた気がするが、18歳の頃東京に出て22歳の頃までまともに女の子と話ができなかった。

 女の子が怖かった。
自分をいつも醜く感じていた。

 自分を変えたかった。
そんな時、僕の目に飛び込んできた世田谷・砧のあるインテリアショップのアルバイト募集の張り紙。

 もしかして、自分を変えられかもしてない・・・
そうして僕はそこで働き始めた。

 僕は、しゃにむに働いた。
自分が必要とされていることが嬉しかった。

 「ハイ、社長。次は何をしましょうか」
あの頃、多分僕はキラキラしていただろう。

 どんなに落ち込んでいても、聞けば仕事をくれる社長。
そうして、僕は人と話すことを覚え、ようやく女性とも話ができるようになった。



 ・・・今、仕事は厳しい状況だ。
ただ、最近しゃにむに働いてきたせいもあり、ここまでの売り上げは前年を上回ってはいる。

 スタッフはやる気をみせ、店の雰囲気も悪くない。
ただ、僕の接客するお客様が今ちょっと少ないため、なんか落ち込んでいるようだ。

 つくづく管理職は本当に向かない人間だとは思う。

「いらっしゃいませ」
僕は久々に大きな声を出した。

 世間に戻った気がした。
自分を思い出せた気がした。

 そう、僕は演じていなければ、唄っていなければ死んだ人間も同然だ。
明日は、いいことあるかな。

 お店で大きな声を出してみよう。
そして夜は練習。

 今の仕事を辞める時が来ても、僕の本質は変わらない。
いつだって、自分に自信のない寂しがり屋だ・・・

 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 
またこの話題・・・?
2007-08-04 Sat 23:19
 仕事帰り、Red Houseに寄った。
弦が欲しかったし・・・

 I氏が元気良く迎えてくれた。
「シュビドゥバさん、またイベントありますか?」
「ありますよ、土日以外ですけど・・・」
「そうなんだ」

 心なしか彼の声がトーンダウンした。
「仕方ないんすよ。 なかなか立場上ね・・・」

 彼は僕と同じ年。
僕が生きる街で、僕みたいな音楽人が頼りきっている楽器販売店とスタジオとギター製作の店を経営する。

 彼はスタジオもやっているわけで、夜店を閉めることはできない。故に僕のライブさえ見てもらっていない。

 彼は満足いく人生を送っているのだろうか・・・
そして僕はこのままでいいのだろうか・・・

 釈然としない夜が過ぎて行く・・・
こんな想いは今まで何回もあった。

 でも、日々大きくなっていくこのやり切れない想い。
例えば、今の仕事を辞めて、違う仕事に就いたとしたら・・・

 家族をどうしよう。
自分が幸せになって、家族も幸せになる道はないのか?

 ああ、僕はこのままでいいのか?
ハンパじゃ、絶対嫌なんだ・・・
別窓 | 徒然に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
| シュビドゥバDiary |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。