日々これ実感。 痛いときは痛い。辛いときは辛い。楽しいときは楽しい。 ・・・そんな僕の毎日感じたことを書き留めておきたいと思います。 まあ、なからなから(方言)ですが・・・。
http://shubidwuba.blog16.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
たかがピック、されどピック
2011-01-26 Wed 01:29

僕のピック、クレイトン72。

こんなに減らないピックはなかった。


僕はこのピックを30分で使いきる。

だから僕のピックケースには常時20枚入っている。

ところが、最近革ジャンかったりいろいろお金が飛んでいき、ピックの数量が10枚に。

そうして、思いっきりストロークできなくなっちゃった。


これはいかんと、本日レッドハウスで15枚ゲット!

本番まで残りわずか、数日。
サッカー、日本韓国に勝ったし、こりゃ良い流れがきたぞ!

オーリャ!!
スポンサーサイト
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
試行錯誤
2011-01-24 Mon 22:46
パソコンが壊れました。
故にこれは携帯で書いてます。

30日アレックスが近づくにつれて、迷っていた。

一度決めたセットリストがしっくりこない。
なんでかな。

新曲は入れるつもりだけど、面白くない。

形にこだわり過ぎて、本質が欠けているのだ。

僕は大幅にセットリストを変更することにした。

前回、前々回とは雰囲気が違うと思う。

だから嫌われるかもな。

でも良いよ、多分それが本当の僕だから。

さて、明日の夜はサッカー、その前にリハしたいな。

唄いたい歌があるから。
ちゃんと伝えたいから。
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
僕は仕事、そして練習
2009-05-02 Sat 21:37
 帰宅後、僕のスタジオにて練習。
今までのやり方を少し変えた。

 今まではやりっぱなしだったから。
録音しては聞き、修正して、また録音。
その繰り返し。

 自己満足は避けたいから。
人が聞けるものをやれなきゃ意味がないから。

 そして、気がついたんだ。
僕って、やっぱアコだなって。

 「アコギなら誰にも負けない」
それでいいじゃないか。

 バンドさんと張り合おうっていうのが、そもそも間違いだった気がする。


 僕はこれからひたすら、ザクザク、ギブソンを刻もう。

 そして、決して大声を上げるのでもなく。
音を的確に打つことだけに集中しよう。

 ライブだからといって無理に盛り上げようとはしまい。
音に集中するんだ。

 「それがライブでやれれば、必ず歓声はおきるはず」
そう信じて。


別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
誰にもわかりはしない。
2009-04-03 Fri 23:03
 練習してます。
それも大音量で、手加減なく。

 I君にライブのご案内を頂いたが、ごめんなさい。
明日も時間がある限り、練習。

 今日も明日も、帰宅は20時半頃だろう。
でも練習したい。

 時間がない。
仕事もしなくちゃ。

 でも今手を抜いたら、欲しかった音が離れていく気がする。
不義理な僕です、ごめんなさい。

 自由な時間は一日のうち30分強。
その時間に、今僕がやりたい全てを賭ける。
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
再トライですがな。
2008-06-06 Fri 23:06
MDレコーダー

また、新しい・・・もとい中古の道具を買っちゃいました。

 SonyのMDレコーダー[JA3ES]
しかし、俺の持ってる物は、ほとんど中古品だって事に気づきました。

 メインギターのギブソン アドヴァンストジャンボ、そしてエレキのフェンダージャパンのテレキャスター、乗っている車はVW・GOLFⅢ、僕の住む家は新築そ○くりさん・・・

 まあ、これは負け惜しみ半分だけれど、いい道具は新しい、古いは関係ないのよ。
[JA3ES]で、今日は音源つくりのリハ。

 いい感じすよ。

 今回の音源のテーマは、「素」
まあ、誰も僕の裸を見たくないだろうけど。

 ただ、原点をお見せしたいのよ。
そこからまた始めたいから・・・

 
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
今更ですが・・・
2008-05-31 Sat 01:13
 先日のライブに自己嫌悪を感じていた僕は、昨晩Pで新たな試みを始めた。
実は別に大げさなことでなない。

 ただ僕は純粋なアコでやってみようと思った。
だから、あのアコアンプもあのエフェクターボードも車の中に置いたままにした。

 僕はアコギを持ってPの階段を駆け下りた。
「今日は電気を通しません」

 T氏は表情を変えず、セッティングを続けた。
「時間になったらまた呼びますね」 

 22時30分前、僕は彼に戻ってきてもらい、通しリハ。
そのあと、彼が録ってくれた音を聞いた。

 「やっぱりアコは良いね」
その言葉は決してエレキを否定しているわけではない。

 彼は僕に足りないものをいつも教えてくれる。
「へ~。なるほど、わかりました」

 深夜24時前、僕はPの階段を駆け上がった。
降りかかる細やかな雨粒。

 ちょっぴり冷たかったけど、夜風が気持ち良かった。
久しぶりに心に光が差し込んだ。


 ようやく見えたぜ。
「エイジ、待ってろよ!」
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
ベンジーの前に
2008-01-12 Sat 01:26
 昨日待望のエレキ・アンプを手に入れた。
深夜Pにて初音出し。

 ほう・・・。 やっぱ、某メーカーのものと違って音が太いわ。
でも、どうやって弾いたら良いんだろう。

 でも、なんとしても、今はエレキを僕の手の中に入れたい。
だから、誰がなんと言おうと今はこのエレキを弾き続ける。

 
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 
鍛えなおし
2006-05-03 Wed 01:17
 今晩、茅野市Pにて久々の練習・・・ピンでですけど。
おいおい、3週間ぶりかい。 大丈夫かいな?

 久々のフィッシュマン・ラウドボックスはいい音してた。
なんだよ、まだ首痛てぇな。 ・・・治ってないじゃん。
でもとりあえずいい音出せた気がする。  やれるかも・・・。

 で、まあ「なから」ですけど、出直しとしたらまあいいかな。
明日(厳密に言えば今日)、アッ君と久々の練習。
ようやく始まるのですよ・・・スミマセン。 でもとことんやります。

 今晩、音楽の練習終了後(23時40分帰宅)、そして別部門の鍛錬も再開。 ・・・男は、女性に満足していただくため、数々の大きな山を乗り越えるべきなのです。 
 ・・・年とってくると、やはり自己鍛錬が必要かと思います。
僕は自分を見つめ直し、最高のゴールを感じられるため頑張ります。

 って、何書いてんだろう。 自分でもよくわからん。 
本当に俺やばいかも・・・

別窓 | 練習・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
要、練習。
2006-01-11 Wed 09:57
 ほぼ1ヶ月ギターを握っていない。

 今、僕はちょっぴり迷っている。 まあ、いつものことだけど。
「今度はどこに踏み出したら良いのだろう・・・」

 昨晩、茅野市のパブロに行ってきた。
Sさんから聞きに行きたい、という電話が入った。 
こんな状態で来てもらっていいものだろうか・・・。 
どうせ今夜が今年の始まりの日だ。 
「めちゃくちゃでも何かきっかけがつかめれば良いだろう」

 結果、最低最悪。 全てが制御できない状態。 

 ウケてた気もするけど、多分気のせい・・・。
ヤバイな、ひどいステージをやってしまった。 
見ていただいた方、本当にすみませんでした。

 ホンマ練習しなきゃダメだなあ。
今週末の飯田キャンバスに間に合うかしら・・・。
ちょっぴり心配。

 でもこれもある意味計算づく。
ま、今日からやりますわ。

 楽しんでやろーっと。
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
Pで個人練習・・・
2005-12-18 Sun 00:58
 茅野市のライブスペース Pで個人練習させていただている。

 先日も仕事を終えてからの22時から一時間の練習。
マスターが、セッティングを終えてからグラスを片手に僕を見守る・・・。
 いつもこんな感じ。
しばらくしてマスターは2Fに消えていった。
 
 僕は集中する。 時間は少ない。 だから自分と向き合う。 自分との戦いだ。 身体も気持ちも仕事で疲れ果ててぎりぎりの状態だ。 でも練習したい。 今の僕ではだめだ。 もっと、高いレベルに行きたい・・・。

 22時50分マスターが戻ってきて、またグラスを傾けながら僕の唄を注視する。 
 23時きっかり、僕がギターを置こうとするとマスターが「もう一曲!」 「わかりました」 僕は、一曲バラードを唄った。 
「ブラボー!」 「どうもありがとうございました」
 そうして今晩の練習を終えた・・・。

 マスターと座って話す。 「僕はタケイ君の頑張らないところが見たい。もっと楽しんで唄ったらどうか?」 「ええ、まあ・・・」 「楽しそうに唄ってたほうが、お客さんも楽しいんじゃない?」 「まあそうかもしれないですね」 「あとタケイ君がロックにこだわるのはどうも気になるな。ここでは弾き語りの君が見たい。」 「でもそれはマスターの好みではないですか。 僕は楽しいときは楽しい。 辛いときは辛い。 で、やっぱり僕はロックにはこだわります。 それが僕の魂だからです。」 「じゃ、僕はタケイ君の練習は見ない方がいいな」 「すみません。出来ればそう願いたいです」

 僕はマスターが好きだ。 基本的にどこかのライブハウスのオーナーのように自分の考えをごり押しはしない。 でも僕は譲れない部分がある・・・。

 それはマスターにはわかってもらえないかもしれない。 でも仕方ない。
僕は何だかわからないけど、つき動かされ始めた。 そうしてこれから僕はどこへ行くのだろう。 
 それは僕にもわからない・・・・。
 
別窓 | 練習・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
| シュビドゥバDiary | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。