日々これ実感。 痛いときは痛い。辛いときは辛い。楽しいときは楽しい。 ・・・そんな僕の毎日感じたことを書き留めておきたいと思います。 まあ、なからなから(方言)ですが・・・。
http://shubidwuba.blog16.fc2.com/
負け犬気分・・・
2006-04-16 Sun 21:34
 今頃、ドアーズは凄い事になっているだろう。
僕は結局行けなかった。 

 行っても、壁に身体をもたげているだけだし・・・。
久し振りに「負け犬気分」を味わっている。 自分のイベントでもないのに何故だろう。

 そういやあ、最近こんな気持ちなったこと無かった。
以前はこんな気持ち、日常茶飯事だったのに。

 負からのリ・スタートになるのかな。 それもまた良しとするしかない。
身体は大丈夫なのかな。 でも事故を起こした彼女はどんな気持ちだろう。

 僕の頭はからまりあって、どうしたら良いのかわからない。

 今日、一つ良い事があった。 
最高のロックショーは見れなかったけど、ダンチン君のダンスや物まねが見れた。 彼女の心の優しさが伝わってきた・・・。

 明日はどうしても仕事にいかねばならない。
そうして、どうしても戻っていかなければならない・・・・
別窓 | 特別な日に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
「クリスマスの日」
2005-12-24 Sat 00:34
 僕のお袋は僕の幼少の頃から、そして今もクリスチャンだ。 僕と妹はカトリック系の幼稚園に通い、教会にも通って、少なからずクリスマスは神聖な日だった。
 
 サンタの存在なんて小さい頃から信じてなかったけど、神様は信じていた。 神様は見捨てない・・・そう信じていた。
 幼稚園時代から階段から突き落とされて血まみれになったり、ろくな思いはしてないけど、神様は身近にいた気がする。
 思えば僕は神様は信じてたと思うけど、人は誰も信じられなかった・・・。
親の友人は、よくグレなかったね、と今でも言う。
 グレられなかった・・・。 お袋の暗い顔、親父の悪さをしながら無邪気な笑顔。 僕がグレて誰か助けてくれるのだろうか・・・。


 昨晩、僕はたまに早く帰ってきて、久々に家族(嫁、娘、ペットのオカメインコ)と過ごした。 本当に楽しかった、嬉しかった。 思い出すと涙が出ちゃいそうだ。

 僕の娘は僕と同じ幼稚園に通わせたのだけど、僕みたいに辛い想いをしてないことを願う。 そしてあの無邪気な笑顔、僕はずっと守ってあげたい。  
 そして彼女の夢が願うことを心から祈る・・・。 

 「クリスマスの日」僕ら家族にサンタは来ないかもしれないけど、僕が家族の笑顔を守ればいい。

 そうして僕は今でも信じてる・・・。
「願う事、信じる事、夢は必ず叶う・・・」

 
別窓 | 特別な日に・・・ | コメント:0 | トラックバック:0 
| シュビドゥバDiary |